退職の後遺症

仕事を辞めて直ぐは

清々しいとさえ感じていたが

 

 

だんだん時が経つにつれ

もしかしたら、自分の能力が

低過ぎただけなんじゃないか?

という思いに駆られ始めた。

 

 

同時に、単に私のメンタルが

弱過ぎただけなんじゃないか?

とも考えてしまう。

 

 

家族は『辞めて良かった』と

言ってくれているし

 

 

友人が職場で信頼している人に

実は…と、私が辞めた本当の理由を

話したら『やっぱりね』と

言ったらしいから

端から見たら私が辞めるのは

間違った判断ではなかったと

思えるのだが

自分が許してくれない。

 

 

もう辞めた仕事なのに

頭の中で作業手順をおさらいしていたり

 

 

作業内容を思い返しながら

もう少し頑張れたんじゃないか?

と、考えたりするけど

 

 

でも実際は

どんなに予習復習して臨んでも

現場で、もの凄い勢いでまくし立てられ

作業内容は頭から吹っ飛び

頭真っ白になってしまう環境では

やはり続けるべきではないとの判断は

間違っていなかったと思う。

 

 

直ぐにでも次の仕事を探そうと

考えていたけど

辞めてから時間が経つにつれ

職探しに臆病な自分が顔を出す。

 

 

またイジメられたらどうしよう。

 

 

いや、それ以前に

自分がポンコツで

新しい仕事を覚えられない

人間になり下がっていたなら

どうしよう。

 

 

学歴の壁は相変わらず有るし。

今回のように採用されることすら

難しいかも知れない。

 

 

ま、本心としては

私の様な良い人材をイビリ出して

しまったことは

あの職場にとって損失となったって

とこかな?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です