仕事辞めてきた!

仕事辞めてきました。

 

 

今日は、たまたまマネージャーが

来ていたので

こちらから話を切り出しました。

 

今月末までは頑張ろうと思ったけど

『今日まで』と我儘を聞いていただきました。

 

他の皆さんも居る中だったので

非常に緊張しましたが

なんとか泣かずに終えることができました(笑)

 

 

 

精神的に限界でした。

 

昨日は仕事行きたくない病

学校に行きたくないあの頃を

思い出しはしないと書いたけど

やっぱり思い出しました。

 

ああ、こんな感じで

『学校行かなくちゃ!』って

無理しているうちに

外出を受け付けない身体に

なってしまったんだっけ。

 

吐き気がするからバスにも乗れない。

吐いてしまったらという恐怖で

どこにも行けない。

 

引きこもりの完成でした。

 

それから何年も近所で外食さえも

出来ない日々が続きました。

 

 

今、子育て真っ最中で

そんなことになってしまったら

支障ありありです。

 

 

だから私は、頑張ることを

捨てました。

 

 

辞めた理由は、はっきり言って

人間関係です。

 

 

でも皆さん同席する中での話だったので

この仕事に自分が向いてないから

皆さんの足手まといになってしまうから

辞めさせて欲しいと言いました。

 

悔しいとか、何にも無かったです。

 

とにかく辞めたかったから。

 

 

皆さん一応は引き留めはしましたが

本当はどうでもいいと思っていた

ことでしょう。

 

直ぐ様、私のシフトを埋める算段を

みんなでワイワイ楽しそうに

していましたから。

 

 

終わって帰り際

友人に声を掛けられました。

 

友人は

『私、あの場では

ああ(もう少し頑張れ)言ったけど

本当は辞めた方がいいって思ったよ』と。

 

友人は、その日私が受けていた

指導と言う名のイジメを

目撃していたようです。

 

 

別に友人に助けて欲しかったとは

思いません。

そんなことしたら

次のターゲットはその人になりますからね。

 

イジメからは逃げてしまえば

いいのです。

我慢する必要なんて全くない。

急に辞めたら迷惑?

そういうことを許している

その職場が悪いのです。

実際には半人前の私一人が抜けたところで

なんの支障もありません。

私に居て欲しくないから

イジメるのでしょうから

早々にお暇しました。

 

友人はもう60歳過ぎていますし

今の職場を辞めて他に移ることも

年齢的に難しいでしょう。

 

今回、私がこんなことになって

それで悪影響がないことを

心底願います。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です