毎日必死で生きています

仕事が始まって、約2週間。

 

 

週3日くらいしか働いてないけれど

毎日、必死で生きています。

 

 

朝2時間だけの仕事だけど

何気に肉体労働。

 

毎日筋肉痛の身体にムチ打って

家の事もこなしています。

 

この時期、冬仕様のベッドを

夏仕様にチェンジする、とか

地味にキツイ作業もありました。

取り替えたカバー類の洗濯もあるし。

 

次女のスイミングの送迎は

雨続きでプチストレス。

 

 

そして、20年振りくらいに

職場が一緒になった友人に

少々手を焼いています。

 

 

悪い人ではないのですが

やや強引なところがある人です。

 

嬉しいと思ってくれているのでしょうが

仕事が一緒のシフトになった日は

決まって退勤後にお茶に誘われます。

 

お金を理由に断っても

子どもを理由に断っても

家事を理由に断っても

今のところ、全て押し切られています。

 

あちらはだいぶ年上の友人なので

子育ては完全に終わっている年齢です。

身体はきついけど

家の中でじっとしているより

働いていた方が生活に張りがある

という理由で働いているくちです。

 

 

一方、私は子育て真っ最中。

生き甲斐のためでもなければ

ヒマ潰しでもなく、生活のために

働いているのです。

仕事が終わったら、さっさと帰って

洗濯なり掃除なり

やることやりたいんです。

 

『1日くらい洗濯しなくても大丈夫』

じゃないんです(>_<)

毎日ドリンクバーなんか行ってる

ヒマもお金もないんです!

 

ま、きっと今はフィーバータイムなのだと

割り切って、落ち着くのを待ちます。

 

 

でも、嬉しい誤算もありました。

 

私が職探し中は

『掃除機かけられなくなる、どうしよう〜』

とか言っていた母が(参考記事

毎日、掃除機をかけています。

私が仕事から帰るまでに掃除を

終わらせてくれています。

 

これは大変ありがたいことです。

 

仕事から帰ると座ることなく

洗濯物干し、風呂掃除と

バタバタとこなし

お昼頃やっと一休み出来ます。

 

 

 

こんな余裕のない毎日を過ごしていると

きっと何かやらかしてしまう

そう感じていた矢先

やらかしました。

 

先日、次女の小学校で

災害時のお迎え訓練があったのですが

 

すっぽかしてしまいました(/_;)

 

朝まではきっちり覚えていて

次女にも『今日はお母さんお迎えに行くからね』

って、送り出したのに

 

仕事から帰ったら

すっかり頭の中から無くなっていました。

 

お昼ごはんを済ませ

ウトウト昼寝から目覚め

呑気にビデオなんか観てました。

 

そろそろ次女の帰宅時間だな〜なんて

考えていたら

先生に連れられて次女が帰宅しました。

何事?と思うのとほぼ同時に

 

やっちまったーーーー((((;゚Д゚))))

 

と事情が飲み込め

ひたすら次女に許しを請いました(TдT)

 

先生にも挨拶したかったのですが

たまたま外にいた旦那と

ちょろっと会話して帰ってしまわれたようで

お詫びもお礼も言えませんでした。

 

 

私は働きに出ることで

生き甲斐なんて求めていません。

 

働かなくて済む経済状況なら

専業主婦でいたいです。

 

自分のキャパシティの小ささを

分かっているから。

 

 

でも、始めたからには

一生懸命やります。

 

 

早く仕事に慣れたいです。

これが新しい日常になるように。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です