洗濯槽クリーニング

洗濯槽クリーニング、皆さんのお宅では定期的にされていますか?

 

 

我が家の洗濯機は、だいたいひと月に1度の間隔でクリーナーを使用しています。

 

 

最近では、『過炭酸ナトリウム』という物をまとめ買いして使用しています。

 

 

『過炭酸ナトリウム』は、洗濯槽クリーナーと名が付いて売られているものと

成分はほぼ同じなのですが、洗濯槽クリーナーと名が付いて売られている物より

容量も多くてお安いので、心置きなくたっぷりと使えるのが利点です。

 

 

しかしながら、定期的にクリーニングしている割りには

毎回たくさんのピロピロワカメが出てくるし

クリーナーを使用した後は、何度もすすぎ運転をしてからでないと

通常の洗濯に戻れず、少々ストレスに感じておりました。

 

 

何かもっと良い方法は無いか?もっと良いクリーナーは無いか?

と、ネットで情報集めに明け暮れる日も・・・

 

 

でも、どんなに口コミの良いクリーナーを使っても

やはり一発で「はい!キレイ!!」とは行かず(-“”-;)

もんもんとしたまま、またそろそろクリーニングの時期が・・・

 

 

洗濯槽のクリーニングの仕方についてネットで探すと

たくさんの情報が出てきますが、中身はだいたい同じ事が書かれています。

 

 

①熱め(50度くらい)のお湯使用

②一晩浸け置く

③浮いてきた汚れカスは網ですくい取る

④あらかたキレイになった所で排水➡すすぎ運転

 

 

こんな感じ。

 

 

でも私、この行程の中でいつもスルーする行程がありました。

 

 

それが、

③浮いてきた汚れカスは網ですくい取る

↑↑↑これ。

 

省いた理由としては、「網ですくわないと排水口が詰まるから」

と書かれていたから。

 

(  ̄▽ ̄)いやいやいやいや、詰まんないっしょ(笑)

てな感じで(汗

実際詰まった事無いし・・・( ̄▽ ̄;)

 

 

でも先日、ネットを彷徨っていた時にふと目についた記事に

『浮いてきた汚れを網ですくわないと、汚れ戻りの原因に』という文言を発見。

 

 

な~あに~いΣ(´□`;)

 

 

これは!即試したい!!

 

その日の風呂の残り湯を限界温度まで沸かし

風呂水ポンプON!

 

オーバーフローするまでお湯を溜めたら

過炭酸ナトリウム500グラムを投入!

 

3分回すと、既にもう汚れが(;´_ゝ`)

 

 

そのまま一晩放置して、翌朝。

起き抜けのまま、いそいそと破れたストッキングと針金ハンガーで大きめの網を作成。

 

 

いざ!!

 

回してはすくい、また回してはすくう。

その繰り返し。

 

今まではしょってたけど、嫌いじゃないぜ☆

こういう作業(* ̄ー ̄)

 

 

何回繰り返したのか?

目に見える汚れが無くなったので、いよいよ排水、すすぎ。

 

すすぎ運転は通常の運転を1サイクル。

上までしっかりすすぎたいので、注水すすぎをチョイス。

 

 

運転終了後、中の様子を確認。

いつもなら、ここでちらほら残り汚れを見つけて

すすぎの繰り返しだが・・・

 

汚れがない・・・

 

 

恐る恐る、洗濯物を入れて運転してみた(時期尚早か?)

 

 

終了後、屑取りフィルターを確認…

 

 

( ☆∀☆)は~~~~!感動!!

 

 

ピロピロワカメが出てなーーーーい!!

 

 

一発でキレイになったーーーー(°∀°)

 

 

今までの私、バカバカ( ;∀;)

 

これからは、きちんと網ですくいます!

 

 

キレイな洗濯槽嬉しい~~♪♪

 

 

おまけ:一晩浸け置きするときに、空気清浄機のフィルターやら、水が溜まる部分やらも一緒に浸け込んでやったぜぇ(by.スギちゃん)

 

毎日使っていると、こいつらすぐに臭くなるぜぇ。

 

 

お部屋もついでにすっきり、いい空気(^o^)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です