実況見分

先週の事ですが、旦那の事故の管轄警察署から呼び出しがありました。

 

 

事故から約2ヶ月。

 

松葉杖ながら、ようやく外出出来る状態となったので

後れ馳せながらの実況見分※?を行うための呼び出しでした。

※実況見分という言い方が正しいのかどうかは不明

 

 

この日は、あいにく母も外出の予定がありチビ同伴での警察となりました。

 

 

事故現場が自宅から、一時間以上かかる所なので

管轄署も、まあそれなりに遠いです(^_^;)

 

 

でも不幸中の幸いか、出発が早かったので、警察署に着く頃にはチビはぐっすりでした。

 

なので、私とチビは車で待ち旦那が1人で出頭してきました。

 

一時間ほど経って旦那が車に戻って来ると

現場まで行くから、パトカーの後付いて走って、と!!(°Д°)!!

 

どっきどきしながら知らない道をパトカー追走です(´;ω;`)

 

現場に到着して、いよいよ実況見分の開始。

 

私も車を降りて見ていたかったのですが

チビを連れて、交通量の多い道路端に出るのも危険だし

冷たい風がびゅーびゅー吹いていてチビに風邪でも

ひかれては大変と思い、大人しく車の中で待機することにしました。

 

 

車の窓から見える様子では、よくある(と言っても皆さん見たことがあるでしょうか?)

地面を指差して立って、それをお巡りさんが写真撮影するという光景

が、繰り広げられておりました。

 

 

その間、その場を通行する車に停車してもらったりで

色んな皆様にご迷惑をお掛けしているなあと恐縮するばかりでした。

 

 

そして、作業を終え旦那が車に戻り交通課のお巡りさんに挨拶をして

そのまま解散となりました。

 

 

次は調書の作成があるようで、また後日呼び出しとなるようです。

 

 

旦那がお巡りさんに言われた一言。

 

『申し訳ないんだけども、〇〇さんが一番重傷なんだけど、、、被疑者という事になるから』

 

はい。

重々承知しております。

 

 

追突事故で、追突した側なので

前の車の方を初め、警察の方、

はたまた、事故処理のための渋滞に巻き込まれた方々、

 

各方面の皆様に深くお詫び申し上げます。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です