事故

旦那が仕事中に事故を起こしてしまいました。

 

 

金曜日の朝、見知らぬ番号からの電話で叩き起こされました。

 

電話口の相手は病院の医師だったのでしょうか?

 

旦那が事故を起こし、救急車で搬送されたこと

その容態を淡々と話します。

 

パニックを起こしかける頭の中で唯一救いだったのが

医師からの『命には別状ない』の言葉だけでした。

 

開放骨折の緊急手術になるため、早々に来院の必要が有るというので

とるものもとりあえず、娘二人を母に託して出掛けました。

 

行ったことのない病院。

 

ナビで目的地を設定して出発。

 

慣れない高速、大きな道路(国道)。

何故か妙に落ち着いていたけど、本当は泣きたかった。

 

でも泣いている場合じゃない!

 

途中、道を間違えたりしながら一時間程でなんとか到着。

 

 

命に別状は無いけれど…

 

重傷でした。

 

事故の状況から、命が助かったのが、奇跡としか言いようがないくらいで

本当の『不幸中の幸い』。

顔と足の骨折以外は脳や内臓にも損傷は見つかっていません。

 

表面的な傷の処置が終わり、旦那に会いに行くと

泣いていました。

何度も何度も謝りながら、泣いていました。

 

 

本人が一番、痛くて、悔しくて、辛いだろうに

謝るんです。

 

 

処置が落ち着いて、手術を待つ間に色んな事を考えました。

 

 

前の晩、旦那が電話を掛けて来たのにもう布団の中(チビの寝かし付け中)だから…と、話をしなかったのがいけなかった?

 

私が最近、怠惰過ぎるから神様の戒めにあった?

 

伯父の一周忌法要やってないから?

↑こんなこと考えられても、亡くなった方にしてみりゃ甚だ迷惑千万ですよね。。

 

でも逆のことも考えるんです。

 

伯父が守ってくれたから、命が助かった?とか…

 

 

夕方5時過ぎに手術室に入り、夜11時前に病室に帰って来るまでの間に、私の父が仕事終りで駆け付けてくれて、一緒にいてくれました。

とても心強かったです。

 

術後の旦那と対面して…

心配だし、可哀想だし、ずっと側に居たかったけど5分ほど側にいて

「また明日来るね」と言って帰って来ました。

 

 

いつも、自分に言い聞かせていたことだけど

今日改めて痛感しました。

 

『行ってきます』と、出掛けた人が元気に帰って来るというのは

決して当たり前の事ではないのだと。。。

 

 

今になって、これを書きながら我慢していた涙が溢れて止まりません。

 

 

隣でいびきをかきながら眠る旦那がいない。。。

 

 

でも…生きててくれて、良かった。。。

命があって良かった。。。

今はただそれだけです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です