添い乳と言うやつ

いつの頃からか、夜にミルクを飲ませた後

 

 

うとうとしたチビを布団に下ろすと

背中スイッチが作動→再び覚醒(-“”-;)

この繰り返しだったため、布団に下ろすと

私も一緒に横になり、添い乳をして寝かせる様になっていた。

 

夜(寝る前)のミルクが終わると、母からも添い乳で寝かせてと言われる様になっていた。

 

添い乳をすれば確かに泣かない。

 

でも寝ているわけでも無い様だった。

 

ず~っと「ちゅくちゅくちゅくちゅく」

何時間でもおっぱいをくわえながら

うとうとした拍子に、おっぱいから口が離れてしまうと

直ぐに「ふにゃ…」と泣き出した。

 

 

そのため、私は寝返りも出来ず熟睡も出来なかった。

 

次第に、夜が憂うつになり、朝の目覚ましが恐怖となっていった。

 

目覚ましより先に目が覚めて目覚ましを解除したりして…この頃にはもう、上の子を学校に送り出すことが出来なくなっていた。

 

 

しかし、一番の恐怖は添い乳だった。

 

 

このままでは、添い乳でなければ寝てくれなくなる!

 

自分以外、寝かしつけが出来なくなる!

 

こんな些細なことで絶望を感じるほど、私はまた追い詰められていた。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です