無痛分娩レポ?×10まとめ 処置編

処置の面などのまとめです。

私は計画分娩となりましたが、子宮口が初めから3㎝程度開いていたため
ラミナリアやバルーンを使用しての子宮口を拡げる処置はありませんでした。
初産婦さん等は前日入院で前処置が有ったりする様です。

妊婦にもかかわらず、毎日快便だったためか?浣腸も無し。
(子宮口の件も浣腸の件も産院の説明書には実施する旨、記載されています)

剃毛は確か…本格的に分娩になるというくらいの時間に
会陰の辺りを少し剃られた覚えがあります。
会陰切開した傷を縫合するためかな?なんて考えていたのを覚えています。

導尿もこの辺りの時間に一緒にしました。

無痛分娩に関連する処置としては、背中(腰の辺り)に硬膜外麻酔の針を挿し
チューブを背骨に沿って首の辺りまで這わせました(テープ貼り)。

右腕に点滴ルート1(促進剤静注)。
分娩監視装置装着(笑)
飲み薬等無し。

母子手帳に記載の分娩所要時間は1時間46分。

確か…規則的な子宮収縮が始まった時間から
分娩所要時間をカウントするはずだったと思うので
破膜した辺りからかしら?

上の子の時が6時間だったので、かなり早いっす。

腐っても経産婦(笑)

ここまで書いてみて、自然分娩だった上の子の時の出産レポも書いてみたくなりました照れ

なんせ母親譲りの安産体質の様で…

実は二人目を希望した経緯も、そこに起因する部分があります。

この『安産体質』無駄にしては勿体ないプンプンみたいな。

まあ、産んだ後が大変な体質?の様なので
9年間迷い、悩み続けた結果の二人目妊娠、出産でした。

産むのがゴールじゃないんだよねしたした

現在(いま)は、もうしっかりとその事が解っている私です○| ̄|_

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です