羊水検査までの日々

妊娠糖尿病再検査(OGTT)の結果は、次の検診時なので、羊水検査の後になります。(この時期、妊婦検診は月1なので)

このため、妊娠糖尿病の不安と戦いながらも、羊水検査までの間、出血させないようにと、ひたすら横になって過ごす毎日えー

お盆前まで1週間以上出血のない日が続いていました。

毎年恒例?のお墓参りツアーも棄権して、ひたすら安静。

そんな中、こちらも前々から予定されていた父の入院手術。
(まあ、鼠径ヘルニアの手術なんで、そう大したことではないんですがちゅ

羊水検査の前日だったけど、一応お見舞いに。

一時間ほどいて、帰宅。

ずっと立ちっぱなしとかだったわけでもないのに、夜には微量の出血が…ガクリ

その日の夜は、出血があっても羊水検査出来た人がいるかどうかの検索に明け暮れました😢

翌朝。
出血は、微妙な量。
茶おりと言えばその様な…
出血と言えばまた、その様な…

でも、茶おりの時点で少なからず出血の兆候ありってことだから
慎重なお医者さんだったらまず検査しませわよね。

病院に到着後、受付、検温を済ませ待ちます。

しばらくすると呼ばれ、無ければいいなぁ…と思っていた内診。

この時の医師が診察を始めるや否や
「ん?破水してる?」
とか言うもんだから、心臓飛び出そうになるくらいびっくり(T-T)

直ぐに破水無しと判明したのだけど涙

こんな時期に破水なんかしてたら、まず妊娠継続すら危ういよウキャー!

内診の結果『本日の羊水検査は危険だ』と。
何人かの先生が集まってきてカルテ見ながら話し合ってる。
『NT3mm?』
『羊水検査しなくても大丈夫なんじゃないかなあ?』
とか…

いつの間にか、病院のホームページでしか見たことのない忙しい院長まで加わっていたえ゛!

結論。
羊水検査は、約2週間後に予約を取り直し
その日は医師がトリプルマーカー受けてみたら?というので、それを受けて帰って来た・・・

トリプルマーカーなんて(羊水検査を受けると確定しているのに)無駄な検査受けたくなかったんだけど(¥15000位するし)
でもその場は、そんなことでもしないと帰る気持ちになれなかったううっ...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です