抗うつ薬の減薬②

このテーマの前回、抗うつ薬の減薬というタイトルで書き始めましたが

結局、抗うつ薬の減薬については、ほとんど触れず仕舞いでした汗(失礼しました)

今回はちゃんと書きますOK

抗不安薬(エリスパン)の断薬に成功した私は、いよいよ抗うつ薬(トフラニール)の減薬に乗りだしました。

上の子が2年生の9月。
産後うつの治療開始から実に7年半の月日が流れていました。

お薬手帳によるとその頃は35mgを1日3回の処方でした。(私の薬歴最大量)

これは、25mgと10mgの錠剤が1つずつなので
まず10mgの粒を飲まずに、1回量を25mgに減らしました。

この時は、ほとんど何の違和感も感じずに毎日が過ぎて行きました。

この事は、エリスパン減薬の記事の時に書かなかった様な気がするのですが

減薬は、基本2週間をワンクール?みたいな考えで進めて行きました。

量を減らして、2週間特に異常が無ければ次の段階に進む。

調子が悪くなれば、薬を元の量に戻し
また調子が落ち着いた頃、失敗した時よりも減らす量を少なくして再開する。

難しいのが調子を崩した時に、その症状が鬱の揺り戻しなのか、減薬による離脱症状なのかを見極めること。

離脱症状であれば、薬を戻した時に治まると思います。

鬱の揺り戻しであった場合、薬を戻しても
すぐに復調は出来ないでしょう。

長くなってしまったので、続きますバイバイ
m(_ _ )m

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です