新学期

春休み中から「早く学校行きた~い!」と言っていた上の子。

今日から新学期。
意気揚々と出掛けて行きました音譜

ところが、帰ってきた彼女は失意のドン底。
この世の終わりの様な顔をしていました。

だいたいの理由は察しがつきますえー

それは、『クラス替え』

親友と呼べる友達と離れてしまったのでしょう。。。

しかし、詳しく話を聞いてみると、なかなかどうして汗汗

次も一緒のクラスになりたい人リスト(長女作w)ぷっ
男女合わせて15人くらい書いて有ったのかな?

そのうちの二人しか一緒になれなかったんだって○| ̄|_

そりゃあ、凹むなぁ…

1学年3クラスしかないのに、このメンバーチェンジ。
先生の策略としか思えないよえー

でも、自分の時のこと思い出してもやっぱりクラス替えって、親友と離れ離れになった記憶しかないなく

てことは、やっぱわざとなのかな?

え?先生そこまで考えて無いって?

そもそもクラス割りって誰が決めるの?

疑問は尽きませんが…

落ち込む上の子をあれこれフォロー。
・母も同じ経験がある
・また直ぐ友達出来る
・休み時間に隣のクラスに遊びに行け
・毎年クラス替えしてるんだから、ほぼ知り合いじゃろ?

といった、慰めにことごとくネガティブ発言で返してくる上の子。

イラッとした母は・・・・

怒鳴っちまいましたよなく

「そんならもう学校なんて行かなくていい!お母さんも学校なんか行きたくないから行かなかった!!」←後半部分、問題発言w(私、中学不登校ww)

毎年繰り返される、この一連の流れ。

要するに、また本当に直ぐ、お友達が出来るのです。
友達を作る力のある子だと信じてはいるけれど、こう毎年毎年だと、しんどいよね?

先生どうして毎年クラス替えするの?
せめて、一度でいいから、上の子ちゃんが思うような結果にしてあげてほしいな。。。

母は切に願います月夜

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です