糖尿病

実はわたくし、第二子を妊娠中に妊娠糖尿病と診断されました。

『妊娠糖尿病』とは、妊娠中に初めて発見された糖代謝異常の事で、妊娠中高血糖の状態が続くと母体は勿論の事、お腹の赤ちゃんにも色々と悪影響を及ぼすのです。

その為、それからの妊娠生活は、血の滲むような血糖コントロールとの戦いでした(笑)

私の場合は低糖質の食事を心掛ける事で血糖コントロールをし、なんとかインスリン注射無しで出産までこぎ着けたのです。

が、この『妊娠糖尿病』の予後(と言っていいのかしら?)が、また厳しい。

妊娠糖尿病になった人は、ならなかった人に比べて、その後の人生で普通?の糖尿病になる率が7.43倍も高いのですガーン

私はチビを出産後、ブドウ糖負荷検査というものを受けて、血糖値が正常に戻っていることを確認し、晴れて無罪放免の身に戻ったのですが…

やっぱり7.43倍という数字の恐ろしさに、数ヶ月に一度は自分で血糖値の測定をする様にしていました。(自己血糖測定機を持っています)

いつだったかな?
今月の5日だったかなあ?

食後二時間値
測りました。

153mg

高いです!!

妊娠中120mgを上限にコントロールしてきた身としてはべらぼうに高い数値ですガーン

翌日、再挑戦。

食後二時間値。

172mg

ますます高いーーーーなく

翌々、8日は130mgとやや落ち着いたものの、高いことに変わりはない。

ようし、こうなったら早朝空腹時血糖の測定だ。

と、測った今朝の数値が134mg。

これってもう確定でしょう?

十時間は何も食べていないのに、この数字。

泣けてくるしょぼん

近々内科を受診せねば…ううっ...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です