長女、卒業

長女が中学校を卒業しました。

 

 

新型コロナウイルスの影響で

休校が決定してからも

卒業式は、ぶっつけ本番ででも

行う予定でしたが

前日午後になって、突然の中止連絡。

 

 

休校中に各自練習しておくように、と

配られた卒業式マニュアルを見て

毎日、練習していました。

それすらも無駄になりました。

 

 

仕方ない。

 

 

解っています。

 

 

でも、卒業する学年じゃなくて

進級する学年なら良かったと

思わずにはいられませんでした。

 

 

我が県では、2月28日が県立高校の

試験日でした。

 

 

娘たちは、その前日

『公立組、明日は頑張れよー!』

と、送り出されて

1日頑張って帰って来たら

もう学校には(普段通りには)行けない

という状況になりました。

 

 

入試から解放されての

卒業式までの僅かな時間を

先生やクラスメイト達と共に

過ごしたかっただろな…

 

 

誰が悪いわけでもない。

 

色々なことは、命あってのこと…

 

それもちゃんと理解している。

 

 

でも彼女達の想い出は

楽しかった想い出よりも

我慢した想い出が色濃く

残るのだろう。

 

 

お陰様で無事、第一志望校に

合格出来ました。

 

 

4月の入学式がどうなるのか?

目下の心配は、そちらへと移りました。

 

 

因みに次女の小学校入学式は

記念写真の撮影をしないそうです。

 

 

なんだかな。。。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です