わが家は Windows7 PC

Windows7のサポートが、ついに終了しましたね。

 

 

わが家のPCも、Windows10リリース時は

再三、通知されていた無償アップデートを

『なんだこりゃ?』と無視し続け

いつしか通知されなくなっていました。

 

 

なぜアップデート拒否したかというと

その頃、我が家にはWindows8のノートPCもあり

その使いづらさに辟易としていたため

『10は、もっと使いづらいはず』との思い込み

からでした。

 

 

それから数年後。

サポート終了が近付いてもピンと来ず

終了してから、慌てふためいたわけです。

 

 

(゜゜;)(。。;)ヤバくね?

 

何がヤバイのか?は、色んな所で

詳細に説明されているので、ここでは省きます。

 

 

わが家のPCは古いので

メーカーのアップデート対象機種にも

なっていません。

 

 

マイクロソフトの公式ページを見ても

新しいPCへの買い換えを勧めてきます。

 

 

どんなに安くても何万とするPC。

節約に本気出して取り組んでいる

この時期に、それはあり得ない出費です。

 

そもそも、まだ壊れてもいない

PCを買い換えることへの抵抗が

一番大きかったです。

 

諦めて中古を購入するか?等も考えていました。

 

 

しかし、色々方法を探るなかで

あるYouTubeの動画に目が留まりました。

 

それは、自分(自己責任?)でWindows10に

アップデートしようというものでした。

 

その動画を見て、わが家のPCが

Windows10をインストールするための

スペックを満たしていることが

わかりました。

 

俄然やる気が湧きます。

 

動画では、アップデート前に

万が一に備えてバックアップをとることを

勧めています。

 

なので私は外付けHDDをつなぎ

Windows7のバックアップを開始しましたが

何度やってもエラーが出る(>_<)

 

よくよく調べてみると

このHDDがWindows7のバックアップが

出来ない仕様の物だった(´Д`|||)

 

なんかね4Kネイティブ?とかなんとか(笑)

 

 

う~ん、どうしたもんかな?

 

またまたウェブで検索しまくり

どうやら、うちのHDDには

システムイメージ(PC全体?)の

バックアップは出来ないが

画像やら何やらのファイル関係は

保存できることが判明。

 

早速、バックアップを実行。

 

難なく終了。

これで、Windows10をインストール後に

万が一PCがオシャカになっても

大事なデータは保存してあるので

新しいPCに移行することは可能である。

 

 

そう、この時点で方針は固まっていた。

 

Windows10を自己責任でインストールし

アップデートにPCが耐えきれず

壊れてしまったら…

その時は、買い換えを考えよう…と。

 

 

で、いよいよ動画を見ながら作業開始。

 

開始直後は、いくつかの項目に

チェックを入れて、同意したりして

インストールが本格化すると

時間がかかりそうなので、しばらく放置。

 

ふと、気が付くと何回か再起動を繰り返し

Windows10になっていました(о´∀`о)

 

 

アップデート後、数日が経過しましたが

今のところ、問題なく動いています。

 

 

結局のところ、無償でしたし

Windows10のインストール自体は

何も難しいことはありませんでした。

 

 

Windows7のサポート終了で

お悩みの方、一度ご自身のPCの

スペックを確認してみてはいかがですか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です