最近の睡眠

前にも書いたことあったかどうか?

最近の睡眠の状態について…

 

 

正確な期間を思い出せないのですが

ここ数年の間、ずっと

質の悪い睡眠に悩まされていました。

 

夜中に何度も目が醒める

いわゆる『中途覚醒』や『早朝覚醒』という

状態でした。

 

 

夜中、真っ暗いうちに目が覚めるのはまだいい

(直ぐにまた眠ればいいわけだから)

 

ところが早朝覚醒となると、ちょっと辛い

夏場なんかは朝4時頃から窓の外が明るく

明るいということは『朝』として認識する。

 

そうすると、目覚ましがなるまで

まだ2時間あろうが30分しかなかろうが

その時点で脳が覚醒してしまって

もう眠れなくなる。

 

諦めて起きて、活動を始めてしまえば

良いのだろうけど

いかんせん、睡眠に執着が強い私。

 

眠れないのに

意地でも目覚ましの時間まで眠ろうと

布団の中で無駄な時間を過ごす、日々。

 

で最悪なことに

目覚ましの時間近くになって

眠気が復活してきて

より辛い思いをするという。。。

 

 

 

抗うつ剤を中止して変化があった。

 

 

頭痛という離脱症状の他に

夜中に目が覚めず

朝まで睡眠が続く日が出てきた。

 

朝は目覚ましの10分くらい前に

自然と目が覚める。

 

 

不思議だった。

 

目覚ましの10分前に目が覚めたのに

『あと10分』意地でも寝てやろう

という気持ちにはならなかった。

 

 

『起きよう』

 

 

そこで自分なりに理由を考えてみた。

 

 

抗うつ剤って

やる気や元気のない状態の脳を

元気にさせるような作用のある薬だと思っていて

 

うつ状態の人には、とても大切な薬。

 

でも回復途上にある人にとっては

効き過ぎ、じゃないけど

余計な作用もしてくるのかな?

 

 

だいぶ人並みに近く

元気になってきた私の脳に

抗うつ剤によって

「もっと元気に~!もっと頑張れ~!」

みたいな信号が送り続けられた結果

本来眠るべき、夜の時間にも

私の脳は沈静化せず(興奮状態?)

深い眠りに就けずにいたのではないか?

(逆に昼間は眠いんだよね・・・)

そして、深い質の良い眠りを得られたため

寝起きも良くなった。

 

 

なんてね。

 

 

長女を出産後、間もなく

産後うつと診断され

抗うつ剤を服用することと

なったわけですが

 

それからは、ずっ~~と

昼間の眠気と戦う日々でした。

 

長女が保育園に入る前は

二人きりで家に居るのは

恐ろしかったです。

自分がいつ、長女をほったらかして

眠ってしまうか、わからなかったから。

 

昼寝なんかしたら2、3時間眠らないと

起きられないし

 

長女が保育園に通うようになってからは

昼寝ばっかりしてた。

 

本当に、寝ても寝ても眠い毎日。

不思議で仕方なかった。

 

 

今、精神科のお薬を

何も飲んでいない状態で考えると

 

昼間の眠気もやはり

薬の副作用なのだと

改めて感じます。

 

だって今昼寝って、ほとんどしないもん。

 

 

たまにチビを添い寝させていて

一緒に寝落ちしてしまっても

15分くらいで目が覚める。

 

不思議だね。。。

 

 

夜はだいたい決まった時間に眠くなる。

 

朝は目覚ましより先に目が覚める。

 

昼寝がもったいないと思う。

 

これが人間本来の姿だね。

 

 

 

もちろん調子が悪いな、と感じる時は

昼寝して英気を養う?時もまだまだあります。

 

 

心も体も元気が一番だからね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です