ふるさと納税してみた

ちょっと前の話しですが、初めてのふるさと納税をしてみました(* ̄∇ ̄*)

 

 

なぜ今さら?って感じでしょうか?

 

それはもちろん、お肉に目が眩んだからです(笑)

 

それだけじゃないけど、それが1番でした。

 

ふるさと納税して、美味いお肉貰いたい!

って、思ったその後は

ふるさと納税する意味を探しました。

 

そもそも10,000円をどこぞの自治体に寄付して

お肉貰って…

 

 

 

何が得なんじゃ?

 

 

って、話しですよ。

 

だって、お礼品の量を見れば

それが寄付金額に対する等価でないことは

一目瞭然ですからね。

 

10,000円払って、2,000~3,000円分のお肉貰うって

どう考えたって、損でしょ?

(純粋に寄付したい人にはいいのかも知れないが)

 

 

だから、どうして皆がこぞってふるさと納税するのか?

 

きっと理由があるはず!

と調べたわけです。

 

 

簡単にしか説明しませんよ。

本気で知りたい方は、ご自分でしっかり調べてくださいね(^o^;)

 

 

簡単に言うと『ふるさと納税で寄付した分を

翌年の住民税から差引いてくれる』のだ!

 

 

住民税が減っても、他所の自治体に寄付してるもん

住民税払ったのと同じ事じゃん。

 

 

そうですね。

もっともですね。

 

 

でも、我が家には幼稚園児がいます。

 

幼稚園児がいる家庭には、毎年『幼稚園就園奨励費』なるものが支給されます。

*ほぼ全国にあるよね?*

 

これの金額を決定するのに

住民税の金額が使われます。

 

住民税が77,000円までのご家庭には

◯◯万円支給いたします。

みたいにね。

 

 

この住民税の金額が、我が家の場合

ちょうどボーダーラインあたりでして…

 

この、ほんのちょっとの差で

富裕層にでもなったかのようです。

 

毎年いただける就園奨励費が

10万円近く少なくなってしまうという

悲しい事態を招いておりました(?)

 

だもんで

ふるさと納税で住民税が減るのならば

ボーダーラインを超えることなく

就園奨励費をいただきたい!

 

そんな目論見でふるさと納税デビューしました!

 

 

 

こんな感じで、住民税の金額が基準値になっているものって

結構ありますよね?

 

我が家は、結構色々な補助金等の

ボーダーライン辺りに分布することが多く

悲しい思いをすることがありました。

 

この方法が通用するようであれば

こんなに嬉しいことはありません。

 

 

あ、まだ効果?が実証されるに至っておりません。

真似される方は自己責任でお願いいたします!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です